男性

南京虫の特徴

男性

南京虫は成虫だと体調5~8㎜で、卵の場合は1㎜程度しかありません。小さいためすぐに見つけることは難しいでしょう。体の色は赤褐色色をしており、卵だと淡黄色です。体型は楕円形でトコジラミと言われていますが、カメムシの仲間に分類されています。体臭に特徴があり、後脚付近にある臭腺から油臭い臭いを放出します。このような特徴を持つ虫がいた場合、南京虫の可能性が高いです。
人間の血を吸う虫ですが、動物の血も好物です。犬や猫などのペットを飼っている場合は注意している場合も注意した方が良いでしょう。6~9月の暑い時期に活動的ですが、暖房が効いているシーズンでの活動も目立つようになりました。場合によっては年中の活動も珍しくありません。夏場だけでなく冬場も注意しておく必要があるでしょう。南京虫駆除を行なってくれる業者は年中作業をしてくれるため、いつでも相談可能です。

北海道から九州まで全国的に南京虫は発生しています。どこの地域でも出ると思っていた方が良いでしょう。潜伏場所の周辺は排泄物で黒褐色の汚れがあることがあります。見たことのないような汚れがある場合も、南京虫が潜んでいると考えておきましょう。南京虫駆除をしてくれる業者は特徴を熟知していますので、姿や排泄物を見ただけですぐに南京虫ということが分かります。素人だと分からないことが多いため、プロに見てもらった方が良いということが分かるでしょう。
南京虫駆除は自分たちで行なうことも可能です、不慣れなため失敗してしまうケースもあります。しっかりと駆除をしてもらうことで繁殖を未然に防げますので、南京虫駆除は腕のある業者に行なってもらうのが1番です。