南京虫駆除をして快適な生活を送ろう|撃退するタイミングは今!
作業員

あらゆる場所に潜んでいる

害虫被害

南京虫は刺咬吸血性であり、人間の皮膚から血液を吸います。とくに睡眠中の被害が多く腕や足、首周りなどの比較的に露出が広い部分を刺されることが多いです。1度刺されたくらいでは被害は見られませんが、2度目からは刺された数時間後に紅斑が表れます。場合によってはリンパ節が腫れることもあり、多くの方が南京虫による被害を受けています。
50年ほど前まで日本では絶滅したと言われていましたが、海外での被害拡大が影響して日本でも近頃は問題になっています。咬まれることで強い痒みを伴い眠れなくなってしまうため、駆除をしてもらう必要があります。

南京虫駆除をしてもらった際は、まず特徴や行動について良く知くしらなければなりません。それらを知っている上で駆除をしてもらうことで、スムーズに問題を解決できるでしょう。南京虫は比較的に長距離移動はしません。ですから、同じ場所にとどまっている可能性が高いです。シーツに隠れているとずっとその場にいるため就寝中に咬まれることが多く、畳の中に潜んでいるとテレビを見ている合間に咬まれてしまうでしょう。目撃した場所を覚えておき、南京虫駆除を行なってくれる業者に伝えてください。そうすれば、潜んでいる場所に薬剤などを散布してくれます。業者なら依頼主の要望に応じた上で様々な方法で駆除をしてくれるため、どのような方法で撃退したいか相談をしておくことも重要です。お子様がいる場合は、薬剤を使用できない可能性もあるため駆除方法を聞いておくと良いでしょう。

南京虫の特徴

男性

体調や体色を知っておくことで素人でも南京虫と判断することができるでしょう。人間だけでなく動物の血も吸ってしまうため、ペットを飼っている方も気にした方が良いです。特徴を知っている業者なら南京虫駆除を失敗なくしてくれます。

Read More...

いつでも調査をしてくれる

女性

南京虫に咬まれてしまうとアレルギー反応で痒みが一段と強くなる上、喘息まで招いてしまいますから危険です。業者なら時間帯関係なく調査を行なってくれるため、無料で見てもらいましょう。南京虫駆除をする前の事前確認が重要です。

Read More...

駆除後の対処も必要

男女

薬剤散布をして追い出し、その後残効性薬剤を散布することで南京虫の繁殖を抑えられます。お子様がいる家庭は、作業時間はお子様を違う部屋に連れて行くことで問題ありません。南京虫駆除後は二度と繁殖しないように対処をしましょう。

Read More...